【外国人夫と見るアニメ鬼滅の刃】2話 育手鱗滝左近次!炭治郎の優しさと覚悟がすごい

スポンサーリンク
夫と観た日本のアニメ

こんにちは。椿です。
今日も外国人夫Taroとアニメ鬼滅の刃を見ましたー。
2話目です。

まだ2話目だけど、炭治郎くんが良い子すぎてせつなくなってきた。
健気だなあ。

はい、ではあらすじからいきますねー。

スポンサーリンク

鬼滅の刃2話育手鱗滝左近次簡単あらすじ ネタバレ注意

農家の人に分けてもらった竹と藁で禰豆子移動用の籠を編んだ炭治郎。
禰豆子は鬼になってからというもの、明るい場所を嫌い、モグラみたいに暗がりで過ごすようになってしまったのだ。

冨岡義勇に言われた鱗滝左近次さんの住む狭霧山に向かう炭治郎。
明るいうちは禰豆子を背負って歩き、暗くなってからは禰豆子の手を引き二人で歩く。

 
途中お堂のあたりで血の匂いがしたので心配になって寄ってみると、中で鬼が人を食べていた。
人間の血肉を見て突如よだれをダラダラ垂らし始める禰豆子。

鬼と炭治郎の戦いが始まる。
炭治郎が鬼を斧で切るも、全く動じない鬼。

それどころかあっという間に炭治郎が劣勢になってしまう。
禰豆子が走って来て鬼の首を蹴飛ばすと、頭部が千切れて飛んでしまった。

禰豆子が鬼の首をちぎってしまったこと、首が千切れてしまったもまだ尚鬼が動いていること、そしてさらに鬼がしゃべったことにいちいち衝撃を受ける炭治郎。

鬼の頭部と戦う炭治郎と、首から下部分と戦う禰豆子だったが、鬼はやはり強い。
苦戦を強いられる二人だったが、炭治郎は自慢の石頭を鬼にぶつけ鬼にダメージを与える。
そして鬼の髪の毛が巻き付いた斧ごと木に打ち付け鬼に身動き取らせないようにすると急いで禰豆子の元へ向かう。

炭治郎と鬼の胴体が揉みくちゃになった結果、胴体は崖下に落ちてそのままお釈迦になってしまう。
と同時に頭部にも多少のダメージがあったらしく、斧と共に木に打ち付けられた頭部も気絶してしまった。
 

鬼の頭部の方に戻り、今のうちにとどめを刺さなければと思う炭治郎だったが鬼とはいえ誰かの命を途絶えさせることに躊躇してしまう。

その時炭治郎の背後から天狗の面をつけた何者かが足音もなく近づいてきた。
そして短剣を持っている炭治郎に「そんなものではとどめは刺せん」と忠告するのだった。

炭治郎は石で頭を潰そうと考えるものの鬼への同情から行動に移せない。

天狗の面の男はそんな炭治郎の性格を既に見抜いており、優しすぎて鬼にさえ同情してしまうようでは駄目だと感じていた。

 
さらに時間は経ち、気絶していた鬼が目を覚ましてしまってもなにもできない炭治郎。
そしてやがて朝日が昇り始めると、なんと鬼は焼け死んでしまった

その様子を見て禰豆子が日光を嫌がる理由がわかった炭治郎、大ショック。
慌ててお堂の中に禰豆子を探しに行くと、禰豆子は籠の中でうずくまっていた。

続いてさっきの天狗の老人を探しに行くと、老人は亡くなった人たちを埋葬していた。
声をかけると天狗は「わしは鱗滝左近次だ。冨岡義勇の紹介はお前で間違いないな?」と。
この男性が鱗滝左近次だったのだ。

 

鬼殺の剣士として相応しいかどうかを試すということで、まずは禰豆子を背負って1日中走らされる炭治郎。
ゼーゼー息も絶え絶えな炭治郎に対し、鱗滝さんは非常に軽い足取り。
鱗滝さんの自宅までたどり着いた時にはすでに夕方になっていた。

しかしテストはこれからだという。
山の上まで連れて行かれ、そこから山の麓にある鱗滝さんの家まで1人で戻って来いという。
制限時間は夜明けまで。
そこまで指示すると鱗滝さんは消えてしまった。

 
山は霧で真っ白だったが、炭治郎は自分は鼻がすごく効くため簡単だと自信満々。
早速山を下り始めるが、なんと進むたびに炭治郎を攻撃してくるトラップがあちらこちらに仕掛けられていた。
思わぬ大苦戦を強いられる炭治郎。

足元に張られた綱に引っかかったり、落とし穴に落ちたりして、どんどん時間をロスしていくことに炭治郎は焦りが隠せなくなる。

暫くの間睡眠をとっていない上に、この山は空気が薄く頭がクラクラする。
しかし禰豆子のことを考えると、このままではいられない。炭治郎は全力でトラップをかわしながら山を下りるのだった。

 

炭治郎がやっと鱗滝さんの家に辿り着いたのは夜明け前。

鱗滝さんは冨岡義勇から届いた手紙を思い出していた。
そこには炭治郎のことや、妹の禰豆子は鬼になったが人を襲わないと判断したことなどが綴られており、鱗滝氏に育ててほしいということが書いてあった。

鱗滝さんは疲れて眠る炭治郎を見ながら言った。
「お前を認める、竈門炭治郎」。

 

鬼滅の刃2話「育手鱗滝左近次」の感想と外国人夫の反応

今回は主人公の炭治郎君の優しさにジーンとくる回でしたね。
自分を殺そうとした鬼の首を禰豆子が蹴飛ばしてしまったことにショックを受けたり、とどめを刺すことをためらって結局何もできなかったり。

でもちょっとツッコミたいところが。
冨岡義勇さんの手紙に炭治郎のことを「鬼殺の剣士になりたいという少年」と書いてたけど、炭治郎は一言もそんなこと言ってないと思うんですけどw
(ああ・・ツッコミ入れてしまった!もう黙りますw)

 

ちなみにTaroは鱗滝さんのことを「うろこ だき」さんだと思っていたようですw
「うろこ」と「だき」どっちが姓でどっちが名かわからなかったようです。
確かに珍しい苗字だよね、鱗滝って。

 

今回の内容については、炭治郎の決意の固さについて感心していました。

妹の禰豆子を人間に戻す、そのためには今自分ができることをとにかく一生懸命にやるという、一見簡単そうで実は難しいことをやっている炭治郎ってすごいね!と言っていました。 

まさにその通りで、人間って絶望的な状況に陥った時って思考停止してしまいますよね。
なかなか行動には移せない中、炭治郎は止まることなく動き続けています。
できそうでなかなかできないことですよね。

 
今みたいな非常事態の時などにも炭治郎から学ぶことはいっぱいあるよね、とTaroが言ってましたが、耳が痛いですw

私、パニックに弱いんだよね

まあ、でもTaroの言う通り、何があっても炭治郎みたいに今できることを精一杯やることが大事だと感じました。
(炭治郎はこれから大変な修業が待ってるんだろなーー。)

Taroの英文、スペイン語文による感想は下で読めます☆

  

Taro’s thoughts on Tanjiro meeting Urokodaki on Demon Slayer

This episode continues the dramatic moment where Tanjiro is leaving with Nezuko in search of Uro Kodaki. Since Tanjiro has a keen sense of smell and the curiosity to find out why there was the scent of blood around he helplessly stumbles into an entrance of a Temple to find out a demon was devouring humans. I believe Tanjiro needed to be more stealthy in his approach in this kind of situation and specially when the atmosphere feels dangerous. Of course the demon notices his presence and Tanjiro puts himself in danger because of that. Thankfully Nezuko comes to the aid of Tanjiro after the demon is winning a power struggle and kicks the demon in the head ripping it off of its body. Tanjiro, this time frozen in disbelief about a demon who still is alive even without a head and his slow reaction to put himself out of danger makes him an easy target to get himself killed. After all, with the chance to finish off the demon he stumbles for a period of time and can’t bring himself to do what he apparently doesn’t want to do which is killing off the demon. Urokodaki takes notice of this and thinks Tanjiro is too kind to make such decision such as killing even a demon.
The demon is killed by the suns ray’s. Urokodaki then continues to lecture Tanjiro and then proceeds to test him to see if he is worthy of becoming a demon slayer. After all Tanjiros determination to turn back her sister into a human being again and accomplish other wishes, he is finally able to pass all the tests to prove himself to Urokodai.
I feel this episode is truly inspiring. The episode shows us that Tanjiro really has a strong will, and he really wants to have a positive outcome regarding Nezuko no matter what.

 
  

Los pensamientos de Taro sobre Tanjiro conociendo a Urokadaki en Kimetsu no Yaiba

Este episodio continúa el momento dramático donde Tanjiro se va con Nezuko en busca de Uro Kodaki. Como Tanjiro tiene un agudo sentido del olfato y la curiosidad de descubrir por qué había un olor a sangre a su alrededor, tropieza impotente en la entrada de un templo para descubrir que un demonio estaba devorando humanos. Creo que Tanjiro necesitaba ser más sigiloso en su enfoque en este tipo de situación y especialmente cuando la atmósfera se siente peligrosa. Por supuesto, el demonio se da cuenta de su presencia y Tanjiro se pone en peligro por eso. Afortunadamente, Nezuko viene en ayuda de Tanjiro porque al parecer el demonio está ganando una lucha de poder y ella patea al demonio en la cabeza arrancando esta de su cuerpo. Tanjiro, esta vez congelado por la incredulidad sobre un demonio que todavía está vivo, incluso sin cabeza y su lenta reacción para ponerse a salvo, lo convierte en un blanco fácil para que lo maten. Después de todo, con la oportunidad de acabar con el demonio, tropieza por un período de tiempo y no puede hacer lo que aparentemente no quiere hacer: matar al demonio. Urokodaki se da cuenta de esto y piensa que Tanjiro es demasiado amable para tomar una decisión como matar incluso a un demonio.
El demonio es asesinado por los rayos del sol. Urokodaki continúa a reprimir a Tanjiro y luego procede a probarlo para ver si es digno de convertirse en un asesino de demonios. Después de todo, la determinación de Tanjiro de volver a convertir a su hermana en un ser humano nuevamente y cumplir otros deseos, finalmente puede pasar todas las pruebas para demostrar su valía ante Urokodai.
Siento que este episodio es realmente inspirador. El episodio nos muestra que Tanjiro realmente tiene una fuerte voluntad, y que realmente quiere tener un resultado positivo con respecto a Nezuko, pase lo que pase.


コメント

タイトルとURLをコピーしました