ヒガンバナの別名と英語名とは?火事になると嫌がられるこの花は外国人には人気?!

スポンサーリンク

外国人の夫が綺麗だと絶賛していたヒガンバナ。
ですが、この花に反応する外国人は夫だけではありませんでした。

真っ赤で毒々しいイメージのヒガンバナは人の心を掴みやすいのかも・・・。

ヒガンバナの別名や英語名と共にご紹介します。

スポンサーリンク

火事になると忌み嫌われる花 ヒガンバナの別名がひどい

ヒガンバナを家に持って帰ると火事になるという話を聞いたこと、ありますよね。
もちろん迷信ですが、このヒガンバナ、別名もすごいです。

・幽霊花(ゆうれいばな)
・毒花(どくばな)
・葬式花(そうしきばな)
・死人花(しびとばな)
・灯籠花(とうろうばな)
・火事花(かじばな)
・墓花(はかばな)
・地獄花(じごくばな)
・蛇花(へびのはな)
・捨て子花(すてごばな)
・痺れ花(しびればな)

これらは数多くある別名の一部であって、実際はもっともっとあるそうです。

椿
椿

言われ放題・・・

火事になるだとか、幽霊だとか散々な言われようのヒガンバナですが、実際とても危険な花で、リコリンやガラタミンなど約20種類の有毒アルカロイドを持っています。

戦時中食糧難だったころは、毒抜きをした上でヒガンバナを食べていたという話もありますが、毒抜きせずに食べるととんでもないことになってしまうのがこの花。
激しい下痢や嘔吐、呼吸不全、痙攣を引き起こすそうです。

「ヒガンバナを持って帰ると火事になる」という言い伝えは、子供にヒガンバナを触らせないための策だったのかな、と思っています。

ヒガンバナって英語で何ていう?

ヒガンバナは英語で”Red spider lily”と言います。

結構スゴイ表現ですがわからなくもないですよね。
確かに蜘蛛っぽかも。

ちなみにTaroは日本に来るまで花にはまったく興味がなかったので、Red spider Lilyと知ってびっくりしていました 笑

ヒガンバナは外国人に人気かもしれない

先日ヒガンバナを見に行った日、外国の友人との交流に使っているSNSに撮影した画像をUPしました。

すると、いつもより多くの反応がありました!

いいねだけじゃなく、コメント多数。
これまでほとんどコメントなんてしてきたことのない男友達まで「良い写真!」というコメントを残してくれたほどです。

日本に住んだことのある友達は「この花、日本っぽくてすごく好きだった」と。

椿
椿

「日本の昔話の番組で見た!」という友達もいました

1週間前にアサガオの写真をUPした時とは比べ物にならないほどの反応に少々戸惑いつつも、この真っ赤な花はインパクトがあるのかも・・・と思っています。

日本ではやはり不吉なイメージの方が強いせいか、「ヒガンバナが大好き!」という人にはあまり出会ったことがないので、外国人の友人たちの反応に新鮮さを感じた日でした。

椿
椿

子供の頃からの刷り込みがないため、彼らにヒガンバナ=不気味というイメージはないみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました