【芝桜の時期】枯れたと思ったスカーレットフレームが復活して花いっぱいに!

スポンサーリンク

日本の春といえば桜。
空を見上げてうっとりする桜も素晴らしいですが、地面を這うようにして咲いている芝桜も美しいです。

今日は、不調続きだった我が家の芝桜が復活したよ!という嬉しいお話。

スポンサーリンク

芝桜スカーレットフレームが枯れた?!

日本に帰って来て初めての春に見た田舎の芝桜の美しさにやられ、勢いで芝桜の苗を10株購入したのが2020年春のこと。

それから少しずつ増え、1年後の2021年には驚くほど綺麗に咲いてくれました。

このまま増え続けたら一面芝桜畑になる!とニヤついていた私でしたが、その数か月後ショックで白目を剝くことに。

厳しい夏の直射日光に負けたのか、芝桜が日に日に小さくなっていったんです。
その縮小っぷりは目を背けたくなるほどでした。

葉が茶色っぽくなっていき、明らかに不調を表現していました。
毎日水はやっていたのですが、それ以上に照り付けるキツイ直射日光が強すぎたのか、どんどんどんどん茶色く小さくなっていきました。

そして冬にはこの状態。

枯れっ枯れの真っ茶っ茶。ボロッボロ。
おまけに雑草まで生えてしまいました・・・。

椿
椿

芝桜、母への誕生日プレゼントで買ったのに。

2年前石垣のそばに植えてダメにしてしまった卒塔婆芝桜を思い出し、ゾッとしました。
卒塔婆芝桜の詳細はこちら↓

でもなぜか一部花が咲いたことで、まだ生きているかもしれないと思い、雑草を抜いて復活の時を待つことに。

すると4月にはここまで復活。

そして・・・・。

枯れたと思った芝桜スカーレットフレームが完全復活!

これが本日4月10日の芝桜(スカーレットフレーム)の様子です。
お花いっぱいになってきた!!

スーパー元気だった1年前の状態と比べるとまだ勢いが足りないけれど、それでもあの枯れ枯れ状態を思い出すと、よくぞここまで頑張ってくれましたとお礼を言いたくなるほどです。

桜に負けないぐらい綺麗!!

でも気になるのは、昨年夏に突然元気をなくした原因。
ちょっと調べてみました。

芝桜の夏枯れについて調べてみた!芝桜は湿度が苦手らしい

色々なページを読んでみましたが分かりやすく説明してくれていたのが楽天の芝桜専門店さんでした。
ぜひ読んでみてほしいので私が学んだことは簡単に箇条書きにしておきます。

・芝桜は花が終わったら茶色くなる茎がある
・芝桜は湿度が苦手なので花が終わったら刈込みをするのが好ましい

どうやら、芝桜が茶色く枯れた感じになるのは特に悪い状態ではないようですね。

ではなぜそのまま小さくサイズダウンしてしまったのかというと、刈込ができてなかったことによる「蒸れ」が原因のようです。

確かにこんなモリモリ具合は密集しすぎな気がする・・↓
風通しを良くしてあげるべきだったみたい。

椿
椿

このエリア、夏の湿度は半端ないからなあ。
それに、日に日に小さくなる芝桜が可哀想で、水をやりすぎてたかも。

なので今年は花が終わったら刈込を行い、風通しを良くしてあげる予定です。
(梅雨明け以降の水やりもほどほどに)

まとめ:枯れたように見えた芝桜スカーレットフレームが花を咲かせた

せっかく大事にしていた芝桜が全滅してしまうかもしれない・・・と思うと、去年の夏以降は全然芝桜について書けませんでした 笑

来月は初の芝桜刈込み予定ですが、その時についでに挿し芽にも挑戦しようと思います。

初めてなので不安ですが、その際はまた記事にしますね。

毎年綺麗な花を咲かせてくれている芝桜はこちら↓で買いました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました