【イチゴを発芽させる実験】スーパーの苺のつぶつぶから栽培はできるのか?!

スポンサーリンク
果物

椿でーす!
いきなり結果から書きますが、スーパーの苺を発芽させることに成功したので記録として書いていこうと思います。

スポンサーリンク

スーパーのイチゴから発芽させられるのか?!実験開始!

これは母がゲットしたイチゴ。
すごく甘くておいしかったので、これを育ててみます!

 

 

発芽するかどうかもわからないのに、イチゴを無意味に切り取るのは気が引けたのでヘタに近い部分のみ 笑

ちゃんと発芽するのがわかったらもっと大胆に切り取ります!

 

 

こんな感じですね。
土も適当。
我が家の荒地で取って来たものなので野菜の土などではないです。

それどころか容器もまさかのコンビニの鍋焼きうどん 笑

こんな適当で発芽したらすごい!

ちなみにこれを植えたのは3月22日です。
どれぐらいで発芽するのか、この時点では知らず。

発芽してるかどうか、毎日何度も見に行く日々が続きました。

 
 

スーパーのイチゴを植えたもののイチゴ発芽後の姿がわからない

これ、4月10日の状態です。(植えてから約20日ほど経過)
わけわからん雑草だらけでエライことになってます。

 野菜の土を使わずに荒地の土を取って来て植えたので、雑草だらけということに。

この中にイチゴはあるのか??!!

ネットで「イチゴ 発芽」などのキーワードで調べると、イチゴ本体から緑のムダ毛が生えたようなキモイ画像がわんさかでてきます。

私が知りたいのはそんなおぞましい姿じゃなく、普通のイチゴの芽だよっ!!

とりあえず、イチゴ発芽後の姿がわからないのでどれも抜かずに置いておくことに。

 

 

イチゴがなかなか発芽しないので新たに苺の表面を埋めてみる

前回は四隅に植えたので、今度は真ん中に植えてみます。

今回はケチらずに(?)ヘタの部分ではなくイチゴの美味しい部分を切り取りました。
(もったいなーー!)

これ4月10日ね。

 

  

「イチゴ発芽後の姿を見たことがない」と書きましたが、昔実家で苺を栽培していたので葉っぱがギザギザなことぐらいは知ってます。

で、暫くの間は「もしやコレ?」↑↑と思っていたりも。
でもなんか違うんだよね~。この形のヤツ、1本しかないし。(あんなに埋めたのに)

 
 

ついに判明!イチゴ発芽後の姿はこれだ!(苺の双葉と本葉の画像)

こちら本日4月21日の様子です。
ようやくイチゴの発芽後の姿が判明いたしました。

 このウジャウジャ生えてる雑草たちに紛れてるんですが、わかりますかね?

 

正解はこちら!!

 

このちっちゃくて丸い感じのがイチゴの双葉だったのです!ドヤ――!!

「イチゴの葉っぱ=ギザギザ」と思いこんでいた私ですが、同じような形の葉っぱが密集して生えているのってこれだけだったので、まさか・・・・と思っていたらそのまさかでした。

 

あれだけ、「イチゴ発芽後の姿がわからない」と言っていたのになぜわかったか?

それは、本気で画像のサーチをしたからです(エッヘン!!)

  

こんな感じでほかの雑草に紛れてしまっているものの、負けずに成長しています。
すごいーー!雑草魂!(いちごだけどね)

 

では双葉~本葉までの成長過程を見ていただきましょう。

 

イチゴの発芽後の姿 画像(双葉編)

可愛い。
丸い。
ちっちゃい。

愛しい。

 

イチゴ発芽後の姿 画像(双葉から本葉へ編)

こちら、双葉の間にちっちゃい本葉が出てきている最中です。
いちごってこんな感じなんですね。

全然知らなかったぜよ。

 

 

イチゴ発芽後の姿 画像(本葉編)

イチゴのギザギザって本葉だったんですね。
ちょっとイチゴらしくなってきた気がします!!

 

いちごのつぶつぶは種じゃないらしいよ!果実なんだって?!

今更ですが、このイチゴのつぶつぶは種じゃないそうです。

実はこのつぶつぶは果実で、その中に種が入ってるんだとか。

何言ってんだか!

まあ、イマイチよくわかんないけれど、イチゴのつぶつぶは種ではなく果実で、種はその中にあるってことね。

 

スーパーのイチゴを発芽させられるのか?まとめ

はい!
というわけで、スーパーで買った普通のイチゴから発芽させることは可能!ということがわかりました。

今日になって気付いたわけですが、4月10日の画像見返してもすでにイチゴのちっちゃい葉っぱが見えてますね 笑

あはは。まさかこれがイチゴだったとは。
でもこれから気合い入れてお世話しようと思います!

またその後についても書きますね!

 

いちごのその後はこちら↓↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました