【チューリップの植え付け】3月まで放置していた球根100球を地植え

スポンサーリンク

ひどいアレルギー症状が出たため実家に一時避難中だった私。
Taroとは週末婚のような生活を続けていましたが、ようやくTaroの待つ部屋に戻って来ました。

私を大歓迎してくれたのはTaroだけではありませんでした。
12月からずっと放置されていたチューリップの球根です。

そんなわけで今日はチューリップの球根の話~!

スポンサーリンク

3月まで放置されて待ちくたびれたチューリップの球根100球

12月にネット注文したチューリップの球根でしたが、届いたのは年末も押し迫ってからのことでした。
その頃私はすでに実家に避難中で、留守。

Taroが「適当な植え方で良ければ僕がやっておくよ」と申し出てくれたものの、
植え方にこだわりがあった私は丁重にお断り。

「そのうちにそっちに戻ったら自分でやるわー!」とソフトに断り、結果的に2か月以上も放置してしまうことに・・・。

 

 

数か月に及ぶ放置プレイを食らったチューリップの球根たち、芽を出して抗議中です。
ごめんよー急いで植えます。

 

ようやくチューリップの球根植え付け!

長い間手入れもせず放置していたので荒れてますが、とりあえずツルニチニチソウの間にチューリップの球根を植えました。

65球ぐらい植えましたが、どこに植えたのか全然見えないですね。

 

 

残りはその近くに植えることに。
じゃがいも用の畝を作ってくれていたTaroがやって来て雑草を抜き、土に肥料を混ぜてくれました。

 

 

植え方にこだわりがあったはずなのに・・・結局は適当に並べ、適当に土をかけてしまいました。
気がつくと辺りが暗くなって来たのでつい。

 

とりあえず100球全部植えることができて一安心。
今回は前回みたいなフリンジチューリップではないので華やかさには欠けるかもしれないけれど、すごく楽しみになってきました!


後は、春に向けてこの荒地を整えていかなければ。

2020年のチューリップの様子↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました