【ふきのとうの花】2月末!庭にふきのとうが出た!

スポンサーリンク
野草

2月末日。
庭の隅っこにふきのとうが出ました。

気分上がる!やっほーい。

スポンサーリンク

庭に現れたふきのとう

母が「ふきのとうが出たよ!」というので行ってみると、庭の隅っこにひっそりとふきのとうが。

ずーーーーーっと前、母がフキを植えたそうで、そこから今回ふきのとうが出たとのこと。
たまたま実家にいたので見ることができました。
何年も見てなかったので嬉しいです。なんてラッキー。

皆さんご存じだと思いますが、基本情報を少し。

フキは、キク科フキ属の多年草、雌雄異株である。
ふきのとうと呼ばれるのは早春の花茎のこと。

椿
椿

ふきのとうの時期になると小学生の頃国語の授業で習ったのを思い出す!

ふきのとうの花は食べられる?

ふきのとうに春の訪れを感じましたが、発見が少し遅かったかも。
もう花になりかけてました。(開くと白い花が現れます)

とはいえ、花になったからと言って食べられないわけではないようです。
それならちょっと食べてみたいかも。

お味噌汁に入れても美味しいですが、やっぱり大本命は天ぷらですよね。
明日は天ぷらにしようかなあ。

今私一人実家に来ているので、夫がふきのとうに遭遇できなかったのはとても残念。
畑にもフキ植えようっと。

夫にもふきのとうの天ぷらをトライしてもらわなくちゃ。(花になる前のね)


追記:結局お味噌汁に刻んで入れました。

そろそろわらびも楽しみ!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました