橙(だいだい)ジャムの作り方!ほろ苦くて美味しいマーマレードレシピ

スポンサーリンク
果物

橙を使ってジャム(マーマレード)を作りました。
ちょっとほろ苦いけれど、私は柑橘系のほろ苦さがすごく好きなので大満足の仕上がりに。

そんなわけで、今日は橙ジャムをご紹介します。

ほろ苦うまうま

スポンサーリンク

ほろ苦くて美味しい!橙ジャム(マーマレード)

まず完成品から。
こんな感じになりました。
橙の皮をたくさん使ったので上の方は橙ピールみたいな感じになってますが、一応ジャムです。

このジャム、ほろ苦さが美味しいんです。
橙の爽やかな香りと、ほろ苦さと、ほのかな甘みを楽しむジャムです。

でも、逆に言えば、ほろ苦いのが苦手な方には向かないかも。 
甘さは砂糖の量で調整できるけれど、ほろ苦さはどう頑張っても残ってしまうと思うので。

では、ほろ苦OK!な方のために今回作った橙ジャムのレシピをシェアします。
自分がいつも作っている柑橘系ジャムのレシピと、ネットで見つけたレシピをミックスさせたものです。

レシピ!橙ジャム(マーマレード)の作り方

材料
橙(だいだい)3つ
砂糖 160g~(甘いのが好きな場合はもっと入れた方がベター)
水 

作り方

1.橙の外側をよく洗ってヘタを取り除く

.

2.橙の皮は十字に切って剥き、内側の白い部分をスプーンなどで取り除く
(包丁で外側の皮の部分だけ剥いてしまうのもOK)

.



3.鍋に皮と水を入れて加熱。沸騰後も3分ほど茹でてからお湯を捨てる(茹でこぼし) 

.

4.同じようにその後2~3回茹でこぼす(私は2回にしました)

.

5.ボウルに水と橙の皮を入れて、6~7時間放置

.

6.砂糖を準備する

.

7.橙の実は薄皮を剥き、種は取り除いておく
(剝いている時に果汁がこぼれると思うのでとっておく)

.

8.皮は細切りにする

.

9.小鍋に細切りにした皮、砂糖、実と果汁を入れて水分が出るまで20~30分ほど放置

.

10.水分が上がって来たら小鍋を加熱(弱火~中火で15分~20分ほど、とろみが出るまで煮詰める)

.

11.橙ジャムのできあがり

.

12.瓶を煮沸する

.

13.煮沸した瓶に橙ジャムを入れたら完成!

ほろ苦美味しい!橙ジャム

私はパンケーキに乗せたり、紅茶に入れたりしていますが、パウンドケーキに混ぜ込んでも美味しいはず。

椿
椿

マリトッツォを作る時に、クリームに刻んだ橙ジャムを入れても美味しそう!

甘さに関しては味見しつつ砂糖を足すなど工夫してみてください。
私はヨーグルトに入れる時は蜂蜜を足すつもり。

椿
椿

夫はこれぐらいの自然な甘さが一番好きだと言ってました。
甘党なのにね。



ほろ苦い味と爽やかな香りがクセになる、美味しいジャムです!
ぜひお試しを~。

柚子ジャムもおすすめ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました