【手作り桜ジャム】無農薬ヤマザクラの花びらでジャム作り!紅茶にもぴったり

スポンサーリンク

椿です。

3月後半から、ウキウキ気分が止まりません。
なぜなら桜が呼んでいるからです。


今住んでる部屋は窓から桜が見えるし、家庭菜園してる畑にも2種の桜の木があるし、近所も桜の木がたくさんあるのでこの時期は桜三昧!!

そして今日は畑の山桜を使って桜ジャムを手作りしました。

2月ぐらいに桜ジャム作る宣言をしたのですが、有言実行です。ひゃっほー。

スポンサーリンク

無農薬の桜(ヤマザクラ)の枝を自宅に持って帰って来た

こちら、うちの畑にあるヤマザクラの木です。
今まさに見頃を迎えていて、とっても綺麗。

 家庭菜園の作業をしながらもついつい見とれてしまうほど綺麗な桜なのですが、大きくなりすぎて枝の一部が敷地の外まで伸びていっていたので、枝をカットして自宅に持って帰ってきました。

無農薬なのでジャム作りにぴったり!

 

 

持って帰って来たヤマザクラの枝は、花瓶に入れてしばらくの間テーブルに飾っていました。

余談ですが、この花瓶はアメリカ時代に一番仲良かったメキシコ系の友達がくれたものです。
メキシコのオアハカで買って来てくれたらしいマグカップ。

椿
椿

つまり、花瓶じゃない



今回はヤマザクラに合いそうだったので花瓶として使いました。

 

ヤマザクラの花びらで桜ジャム作り!

桜ジャムの作り方を忘備録として載せておきまーす。

 

桜ジャム作りは、桜の花びらをむしり取るところから始まります。

せっかく綺麗に咲いている花びらをちぎるのは心が痛みそうだと思っていましたが、既に散る時期だったようで触れるだけでパラパラ落ちていくので罪悪感がちょっと薄れました。
 

椿
椿

ほんのりピンク色の花びらがとっても綺麗!

 

 
食べるものなので、桜の花びらは無農薬のものがいいと思います。

 

桜の花びらや砂糖など材料を準備する(ペクチン無し)

桜の花びら 40g
三温糖 60g
水 150ml
クランベリージュース 10ml
リンゴの芯部分 

 

今回私が実際に使ったのがこれら。
(私が聞いた桜ジャムの作り方をちょっとアレンジしました)

なぜリンゴの芯を入れたかというと、ペクチンを準備してなかったからです。あはは。

ペクチンの代用品として、リンゴの芯とか柑橘系の皮などが使えると聞いたことがあるので、今回はりんごの芯を使用。

 
クランベリージュースは特に必要ないのですが、山桜の花びらが白っぽいので色付けのために10mlだけ使うことに。

桜の花びらは軽く洗っておきます。
(本当は洗った後乾かした方が良いみたいですけど、家庭用で早めに食べきるので私は乾かしませんでした。ズボラ!)

 

桜の花びらジャム作りスタート!(作り方)

水とクランベリージュース、三温糖を小鍋に入れて沸騰させます。

 

 

沸騰したら桜の花びらを投入。

 

 

リンゴの芯を加えて弱火でひたすら煮ます。
わかりやすいようにリンゴの芯をそのまま入れましたが、お茶パックなどに入れた方がいいですね。
 

椿
椿

この時花びらの色が茶色っぽくなって来て、まるでかつお節で出汁とってるみたいな感じになってちょっと不安だったー!

 

トロミがついてジャムっぽくなるまで煮たらできあがり!
 

 とっても可愛い桜ジャムが完成

出来上がったのがこちら。

山桜の花びらがまるでかつお節みたいになっていたのに、ひたすらコトコト煮込んだらこんな可愛い色になりました。

クランベリージュース効果もあると思いますが、思ったよりきれいな色になって大満足。

 

 

ペクチン代わりに入れたりんごの芯のおかげでしっかりジャムになってます!

  

できたてを一口食べてみましたが、優しい~味で美味しかったです。
でもちょっと甘めだったので次回作る時は三温糖を50gぐらいにしてもいいかな。

 

ヤマザクラで作った手作り桜ジャムは紅茶に入れても美味しい!

早速紅茶に入れて飲んでみました。

桜ジャムをそのまま食べた時はちょっと甘いかなと思いましたが、紅茶に入れると丁度いい感じ!

椿
椿

やっぱり三温糖の量は60gぐらいでいいのかも

 

 

ちょっと見にくいですが、桜の花びらがカップの底に沈んでて可愛いです。
 

Taroは最初「花びら食べちゃって大丈夫?」と少々抵抗があるようでしたが、食べてみると即「あ、これ美味しい」と嬉しそうな表情。

すぐおかわりしてました。

  
桜ジャム入り紅茶は、春らしい優しい味がして幸福度がグングン上がりました!!

毎朝飲みたくなる!
朝はコーヒー派だけど、暫くの間紅茶派になりそう。

 

まとめ!桜の花びらで初めて桜ジャムを作ってみたら楽しかった

今回、初めて桜ジャムを手作りしてみたわけですが、とっても楽しかったです。

花びら40g分集めるのは大変でしたが、とにかく至福の時間で。

 

桜収集に使ったピンクの和食器と花びらがとてもマッチしていて何度ため息ついたことか。

 

桜の花びらを集めている時も、洗っている時も、煮詰めている時も、心が躍りっぱなしでした。

 
これからは毎年桜ジャムを作ろう。

 追記!その後ソメイヨシノのジャムも作りました↓↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました