梅干しの作り方!免疫力UP!私が十代の頃から使っているレシピ

スポンサーリンク

こんにちは。
椿です。

今日は、私が10代の頃から使っている梅干しレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

何気に梅干し作り歴の長い私

こちら、私が数年前に漬けた梅干しです。

椿
椿

えへへ。きれいな梅干しでしょー!!



実は私は10代の頃から梅干し作りに参加しています。
(この時期は実家が梅干し作りで忙しくなるのでお手伝いしてました)
 

ほとんどの工程を1人でするようになったのは20代になってからですが、梅干し作り歴は結構長いです。

ここからは昔から私が使っている梅干しの作り方を紹介。

作り方簡単!私が10代の頃から使っている梅干しレシピ!

昨日も午前中梅ちぎりをしてきました。
そして午後からは梅干し作り。

 自分のところの無農薬梅で梅干しが作れるのは幸せなことです。

梅干し作りに必要な材料

梅 1kg
塩 180g (梅に対して18%の分量)
ホワイトリカー 少し
市販の赤紫蘇 梅の表面をきっちり覆うことができる量

 

梅干しの作り方

1.梅を水で丁寧に洗う

 

 

2.乾燥させる

私はこんな風にザルに入れて、風通しの良い窓際に放置しています。

時々梅の向きを変えると早く乾きまーす

 

 

3.梅が乾いたら梅のヘタを取る

竹串または調理用のキリで取りますが、おすすめはキリ。
なぜなら竹串は脆く、ヘタ取り中に折れてしまうからです。

椿<br>
椿

梅の実を傷つけないようにそーっと取ってください

 

 4.梅の重さを量る

 

 

5.塩を用意する(梅の18%)

 

 

6.梅をホワイトリカーに漬けて洗う

ボウルにホワイトリカーを入れ、その中で梅をやさしく転がします

 

 

7.容器の底に塩を敷く

 

 

8.ホワイトリカーの中でしっかり(やさしく)転がした梅を並べていく

 

 

9.並べたらその上から塩を振りかける

 

 

10.同じように、梅→塩→梅と並べていく

椿
椿

塩は最後の段に一番多く振りかけなければならないので、分量を調節しながらかけてね

 

 

11.最後の梅を並べ終えたら残りの塩をたっぷりかける

 

 

12.梅干しを覆えるぐらいの大きさの落し蓋をして、その上から重石を乗せて布等で覆う

私は落し蓋に大き目の丈夫なお皿、重石はらっきょ入りの瓶を使ってます 笑

椿
椿

ホコリが入らないように上から布で覆って涼しい場所に放置。
数日で梅酢が上がってきます。

 

 

13.梅酢が梅の上まで上がってきたら、赤紫蘇を全体に入れる

椿
椿

再び上から重石を乗せ、梅雨が明けるまで待とう

 

ちなみに、梅酢は桜の葉の塩漬けを作る時にも使えます。

 

 

14.梅雨が明けたら土用干し!


3日ほど晴れが続く日をチェックし、ザルの上に梅を並べ、日当たりの良い場所で干す。
赤紫蘇も水分を軽く絞ってから取り出し、干す。これを3日間。

椿
椿

私は梅酢の入った容器も外に放置してます。
夜は面倒だけど室内に取り込んでます。

詳しくはこちら↓

 

 

15.土用干しが終わると梅も赤紫蘇も梅酢の中に戻す→好きな分量を小瓶に入れてできあがり

 

免疫力UP! 梅干しの作り方まとめ

これが私が毎年やっている梅干し作りの方法です。

ちょっと時間と手間はかかりますが、出来上がった梅はとーってもおいしいです。

出来立ての梅干しも美味しいですが、私は2年以上経ったものが大好きです。

ごはんはもちろん、和風サラダやチキンカツを作る時に大葉とともに少し入れたり、梅干しドリンクにしたりと大活躍。

梅干しを日常的に食べていると元気に過ごせるのでぜひ作ってみてください。

梅干しは整腸作用があるのでお腹の調子が悪い時にもおすすめ

初めて梅干しを作ろうと思っている方はこちらもおすすめです。


  
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
椿をフォローする
国際結婚夫婦☆椿とTaroのナチュラル生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました